トップに戻る

【BQM】ブロッククエストメーカーを早速遊んで見る!

このサイトは普段「サマナーズウォー」を攻略している攻略サイトです。
今回は特別編としてBQMについて紹介したいと思います!

目次

TGSでの興奮を再び!BQM本日配信開始!

2017年の9月末。実はひっそりと東京ゲームショウなるものに遊びにいってきました。

そこで、数多の企業ブースを回った中私がひときわ目を輝かせたゲームが、ブロッククエスト・メーカー(略してBQM)です。
もう知ってるよ!って方や何それ?と興味を持ってくださった方。損はしませんのでぜひとも読んで遊んでみて下さい。

BQMの公式サイトからダウンロードできるのでそちらもご覧ください。

基本無料で十分遊べます。プロ版でも720円と昨今のゲーム事情を考えると非常に安く
昼ごはんの質を3日ほど落とせば十分に購入できる範囲です。

早速遊んで見る

ゲームは「遊ぶ側」と「作る側」で大きく異なります。

遊ぶ側

BQM作る側

遊ぶ側はアクションあり、パズルありの3Dドットキャラが活躍するダンジョンゲーム。
難易度は作り手次第のため様々ですが、クリア不可能に思える高難易度ダンジョンも存在します。
普段遊び手としてゲームに向き合うなら

『こんなクリアできないダンジョン作るなんてクソゲー!』

と思うかもしれませんが、理不尽な即死ゲーなんてザラに存在しますし、クリアするヨロコビも大きくなるのでぜひ挑んでいきたいと思います。

なお、私も作ってみました

写真 2018-01-24 22 56 16(1)

(URLはBQMがインストールされているスマホで見て下さい)

死亡率とかプレイ数とかが表示されるのは作り手にとって1番の快感です。

作る側

S__7479314

一昔前のRPGなどでは、ダンジョンマップなど存在しないのが当たり前でした。
そんな時、自分で方眼紙にダンジョンを書いて遊んだ小学生時代を思い出します。

BQMでは、マップを自分で作って投稿することができます。

  1. 壁を選び、設置したい所をなぞる
  2. 敵を選び、設置したい場所をなぞる
  3. EVENTを選び、トラップやドアなどを設置し、攻略・パズル要素を作る

作る工程としてはたったコレだけです。

 

そしてそれをTwitterやLINEなどで簡単に共有することができるので、

  • 友達とダンジョンの交換をする
  • 高難易度ダンジョンを作り魔王の気分を楽しむ
  • 自称高難易度ダンジョンをクリアして『余裕でした』と力量を見せつける

などの素敵な楽しみ方で遊べます。

 

まとめ

操作は至ってシンプルですが、『鬼のように難しいダンジョン』を作ることができます。

そして、作ったダンジョンをシェアするのも簡単で、直感で操作できます。
東京ゲームショウの時も思いましたが、ゲームを取り扱う攻略サイトはもっと大きく取りあげるベキ名作のひとつだと思っています。

今後Twitterなどで#BQMや #BQM 挑戦者求む などが流行るのでしょうか?

これからもヒッソリと楽しませて頂きます。

関連リンク

評価一覧 後悔しない無課金モンスター アキーラ調査団
攻略一覧 最新ニュース 日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。