トップに戻る

【サマナーズウォー】星2~星4モンスターで活躍する種族の属性リスト

星2モンスター
インプ

インプ

ピクシー

ピクシー

イエティ

イエティ

ヘルハウンド

ヘルハウンド

ウオーベア

ウォーベア

エレメンタル

エレメンタル

ガルーダ

ガルーダ

ハルピュイア

ハルピュイア

ハウル

ハウル

     
星3モンスター
フェアリー

フェアリー

ハーピー

ハーピー

イヌガミ

イヌガミ

サラマンダー

サラマンダー

サーペント

サーペント

ゴーレム

ゴーレム

グリフォン

グリフォン

インフェルノ

インフェルノ

ハイエレメンタル

ハイエレメンタル

ベアマン

ベアマン

オオカミ人間

オオカミ人間

バイキング

ヴァイキング

アマゾン

アマゾン

マーシャルキャット

マーシャルキャット

放浪騎士

放浪騎士

マジックアーチャー

マジックアーチャー

バウンティーハンター

バウンティハンター

インプチャンピオン

インプチャンピオン

ミスティックウィッチ

ミスティックウィッチ

グリムリッパー

グリムリッパー

リビングアーマー

リビングアーマー

ドランクンマスタードランクンマスター ミノタウロス

ミノタウロス

リザードマンリザードマン
道師道士 狩人

狩人

ペンギンナイト

ペンギンナイト

戦大像

戦大象

カウガール

カウガール

突撃サメ

突撃サメ

武人

武人

ミイラミイラ
フランケン

フランケン

エルフレンジャー

エルフレンジャー

ハッグ

ハッグ

 
星4モンスター
九尾狐

九尾の狐

ウンディーネ

ウンディーネ

シルフ

シルフ

シルフィード

シルフィード

サキュバス

サキュバス

ジョーカー

ジョーカー

忍者

忍者

ピエレット

ピエレット

ファントムシーフ

ファントムシーフ

ヴァンパイア

ヴァンパイア

エピキオン司祭

エピキオン司祭

守護羅刹

守護羅刹

デスナイト

デスナイト

リッチ

リッチ

サムライ

サムライ

カンフーガール

カンフーガール

マジカルブラウニー

マジカルブラウニー

コボルト爆弾狂

コボルト爆弾狂

天舞姫

天舞姫

バーバリアンキング

バーバリアンキング

海賊船長

海賊船長

マーメイド

マーメイド

魔剣士

魔剣士

暗殺者

暗殺者

ネオストーンファイター

ネオストーンファイター

ネオストーンエージェント

ネオストーンエージェント

アヌビス

アヌビス

ホルス

ホルス

ジャック・オー・ランタン

ジャック・オー・ランタン

ダイス使い

ダイス使い

ハープ奏者

ハープ奏者

スキル上げのために残す?

サマナーズウォーにおいて重要な要素のスキルあげ。しかし調合もデビルモンもヒーローも、貴重な資源を使うわけには行きません。プレイ序盤は冒険よりも着実に攻略につながるモンスターを選んで育てていきましょう。

光と闇の星3以上のモンスターは貴重です。基本1体は残すようにしておきましょう。

調合に関しては【調合】の材料として表記します。序盤は調合で使う時間が持った得ないため、調合や調合でのスキル上げは属性ダンジョンの10Fがそれぞれ攻略できることが望ましいです。

 

※リストの星2・星3・星4は火属性のモンスターを中心に作成しております。火ウォーべアが星2だが、水ウォーベアが星3ですが、まとめて星2に格納します。

※火属性の星4モンスターにはヴァンパイアや天舞姫のように星5モンスターも含まれています。星5モンスターは今回調査対象外となっており、評価には含まれません。

目次へ戻る

星2モンスターリスト

インプ

使える属性-水・光
主に調合素材になります。一昔前に風インプ・光インプが輝いた時代が存在しました。現状銀以上のランクで見ることもなく、今から育成するメリットは薄いです。

水インプは持続ダメージを大量につけることができるため、巨人ダンジョンを背伸びで攻略するのには使えますが、育成にかける手間、必要になるルーンを考えると結果的に足踏みになる可能性が高いです。
【調合】
火-ウンディーネ
水-カンフーガール
風-九尾狐
闇-サキュバス

目次へ戻る

ピクシー

使える属性-風
こちらも調合素材がメインです。例外として風のピクシーは巨人やヒーローなど様々な場面でサポート要員として活躍します。
入手方法として秘密ダンジョン・魔法ショップで入手可能なため他の属性のピクシーは基本的に調合材料として使用しても問題ありません。
【調合】
火-ジョーカー
水-ヴァンパイア
光-九尾狐
闇-カンフーガール

目次へ戻る

イエティ

使える属性-なし。
一部で闇属性のイエティが使えるのでは?との話が出ました。体力比例の攻撃を持ち悪くはないのですが、コストを割いて育成するレベルとは言えません。似た使い道ができるモンスターが多く存在します。タワーでの闇イエティは強いですが、プレイヤーが育てた場合は現状強くはありません。
【調合】
火-忍者
水-フェニックス(星5)
風-ホルス
光-ウンディーネ

目次へ戻る

ヘルハウンド

使える属性-火・水・闇
火のヘルハウンドの入手が簡単なため、スキル上げは火山ドロップでOK。水のタークや闇のシュマールなどアタッカーとして優秀だが、全体的に打たれ弱い。また、入手が簡単な火のジークも優秀なバフが掛けれるためレアリティこそ低いものの活躍の場面がある。
【調合】
火-ホルス
水-シルフ
風-ヴァルキリー(星5)
光-ヴァンパイア

目次へ戻る

ウォーベア

使える属性-火・風・闇
火のウォーベアは、足止めと挑発、攻撃弱化と複数の敵を拘束するのに長けています。タワーのノーマル攻略には有効で、ハードのタイミングでは賛否が判れます。
風のウォーベアは、みんな大好きデコイの人。アリーナ上位陣でも使える子という意見があります。弱化効果に脆いと言う弱点もあり、相手を見てデコイで使うと強いがそれ以外では微妙な場面もある。
闇のウォーベアは、足止め・気絶が狙えます。体力比例の攻撃のため、威力もでる。ただ、過剰な期待は禁物。足止めとしてはウルシャーの使い勝手の良さもあり、水属性にも通る攻撃弱化を使えるモンスターが欲しいならば有効
【調合】
火-九尾狐
闇-シルフ

目次へ戻る

エレメンタル

使える属性-光・闇
光のエレメンタルは、火・水・風の3色に対してダリオン・ディアスより高い軽減率を誇ります。そのため、現状はプリスでなければならない場面が少ないですが、今後登場するダンジョンによっては活躍する場面が出てくる可能性があります。
闇のエレメンタルは、3ターンの間粘る+被弾ダメージの30%を相手に与えるという特殊なモンスター。マーブや風エピキオン司祭などでサポートすると、絶対に死なない反射マンとして活躍できる場面があります。
【調合】
火-サキュバス
水-忍者

目次へ戻る

ガルーダ

使える属性-水・光
水のガルーダについては相当使えるモンスターです。別途評価記事がありますのでこちらを参考にお願いします。
光のガルーダは、チュートリアルで入手可能ですが、覚醒すると貴重な蘇生役として活躍します。色も光のためデコイを入れることで安定した蘇生が狙えます。更にリモーションが使えるため長い蘇生の再使用ターンも手動であればガンガン進めていくことができます。
【調合】
火-ヴァンパイア
水-九尾狐
風-カンフーガール
闇-ジョーカー

目次へ戻る

ハルピュイア

使える属性-火
火のハルピュイアも活躍の幅が広く別途評価記事があります。こちらを参考にお願いします。
手数の多い種族で、足止めの風、手数の闇などそれぞれ使える場面が存在します。積極的にオススメできるのは火のカリンです。
【調合】
火-熊猫武士(星5)
水-ウンディーネ
風-ヴァンパイア

目次へ戻る

ハウル

使える属性-なし
回復役としてスキル上げしやすくて便利です。ただ、ステータスの貧弱さや、回復量などに問題があるため調合の素材に使って問題ありません。
【調合】
火-シルフ
風-ジョーカー
光-カンフーガール

目次へ戻る

星3モンスターリスト

フェアリー

使える属性-光
水属性のフェアリーがチュートリアルで入手できますが、オススメするのは光のフェアリーです。ハードタワーの光デコイとしては優秀な能力をしておりステータスも優秀です。難点を挙げると回復役としては回復量が物足りず、無敵でのサポートがメインとなります。
【調合】
風-ウンディーネ
闇-イフリート(星5)

目次へ戻る

ハーピー

使える属性-光・闇
光ハーピーは最速のゲージアップモンスターです。最初に動き、クリティカル被弾率低下ができるためパーティの生存率をあげるのに貢献してくれます。しかし、ゲージ30%を増やしても攻撃速度は据え置きのため、後に続くモンスターの速度が遅いと割り込まれることが多いです。また、アリーナやギルドバトルの場合、ゲージアップのスキル以外は平均より少し弱めで火力にも期待ができない点が大きなデメリットとなります。
一方闇ハーピーは、星3には珍しい烙印持ちモンスターです。烙印と防御弱化を一人でこなせ、更にはスタンによる足止めスキルまで持っています。
優秀な組み合わせですが、防御弱化・烙印両方を必要とする場面がボス戦などの強敵相手が多く、スキル2の足止めが機能しない可能性が出てきます。
他に火のハーピーも死ダンなどで活躍するのですが、序盤で急いで育てるモンスターではないと判断しました。

目次へ戻る

イヌガミ

使える属性-光
光のイヌガミは防御弱化と強化効果の解除が行え、回復+攻撃ゲージ上げとタワーでもカイロスでも便利なモンスターです。詳しくはコチラを参照してください。
火・水・風・闇のイヌガミもそれぞれ魅力的な面がありますが、育成の優先度は高くありません。特に火のイヌガミは過去、育成の引率役として注目を集めたモンスターです。そのため、昔のブログや記事では最初に育てましょう! と高い評価をもらっていますが、アチーブメントで水魔剣士のラピスが手に入る前の話です。ギャンブル性が強いですが、弱くはありません。

目次へ戻る

サラマンダー

使える属性-闇
闇のサラマンダーのデカマロンは高い体力のモンスターに対して特別攻撃力が高く、序盤で攻略するのが難しい水のダンジョンの上位の階層を楽に攻略できるようになります。序盤のガチャで良い物が出ない限り、水の魔剣士を覚醒させて育成に進むのがベターのため、月曜の秘密ダンジョンでデカマロンを入手し、星5前後まで育てたら水のダンジョンにつれていきましょう。
【調合】
水-ホルス
風-シルフ
光-忍者

目次へ戻る

サーペント

使える属性-水・風・闇
使える属性であげた3色はそれぞれ役割が違っています。
水→ゲージダウン役として便利。
風→銀屏難民の風デコイとして。
闇→速度低下・防御弱化・持続ダメージと様々な分野で活躍
そのため、育成するならば闇が最優先となります。水・風に関しては余力がで始めたときに今足りないポジションを育てることを推奨します。
例えばゲージダウン役のファーや水ドラ、風ホルスなどがいる場合急いで育てる必要は薄いです。

目次へ戻る

ゴーレム

使える属性-光
光のゴーレムは、一定以上のダメージを受けない特殊なパッシブを持っており、この効果のお陰で5回は直接攻撃を耐えてくれます。更にスキルで免疫と防御強化がつかえるので強化解除を使う相手がいない限り頼りになるデコイです。攻撃スキルが1つで、効果がスタンor挑発と相手1体を拘束するのに優れます。そのため回復役や強化解除が使える相手を拘束すると楽に勝てるようになります。
他の属性のゴーレムは基本餌にして問題ありません。

目次へ戻る

グリフォン

使える属性-火・風・闇

火のグリフォンは優秀なアタッカー兼速度でバッファー。スキル2の特攻はHPの高いモンスターに特別有効でドラゴン10Fなどでの使用率が高いです。他にも試練のタワーでも愛用者が多いモンスターです。
風のグリフォンは対になる印象で、味方のゲージアップと速度アップ、相手の能力ダウンがメインです。詳しくは風のグリフォンについての記事をご確認ください。
闇のグリフォンはスキル1の『クリティカル攻撃を与えた場合スタン』が強力で相手が抵抗しなければ100%発動するスタンとなります。速度を伸ばして免疫のない相手の拘束や高い体力を保有しているため、反撃からのスタンなど応用力に富んだモンスターです。

育成の優先度は風>火>闇で、巨人ダンジョン10Fとアリーナに貢献してくれる風から育てることを推奨します。

目次へ戻る

インフェルノ

使える属性-水

水のインフェルノピュリアンは、ゲージ50%アップ+クリティカル率をあげてくれる優秀なサポーターです。もとの攻撃力の遅さが目立ちますが、ゲージの50%アップは行動順を調節するのに有効で、味方のターンを連続して繋ぐことで相手に回復をするタイミングを与えません。クリティカル率アップも重要で、ルシェンを始め、アタッカーのクリティカル率をルーンだけでは足りていないときにピュリアンのバフは大きく役立ちます。
スキル1で自身のゲージアップがあり、ゲージアップのスキルが3ターンに1回打てるため、味方のターンをガンガン回すことができます。

目次へ戻る

ハイエレメンタル

使える属性-火
火のハイエレメンタルは防御無視のスキル2、味方の攻撃力と攻撃速度をあげるスキル3ともに活躍します。特にスキル3で攻撃力・攻撃速度をあげる際、自身に無敵状態を作るため、せっかく上げた攻撃力を発揮する前に倒される確率が下がります。
水・光のハイエレメンタルも防御無視という点では同じことができますが、自身の攻撃力を高めることはできないため火属性のエレメンタルが一歩先を行く印象です。光のハイエレメンタルに関しては体力調整スキルを持っており、弱化解除も行え優秀。更に防御無視のスキルもありますが、ステータスが難しくアタッカーと回復役の両立は難しいです。

目次へ戻る

ベアマン

使える属性-光
スキル1の挑発とパッシブスキルの回復が優秀。序盤の回復役としては非常に重要なモンスター。クリティカル率100%と攻撃速度、そして体力がほしいと必要なステータスが多いため、結果として高いパフォーマンスを発揮するためには相当優秀なルーンを要求される。優秀な星5モンスターが手に入るとそちらを優先するため、巨人10を安定してクリアするためのキーになるモンスターの1体。

目次へ戻る

オオカミ人間

使える属性-水・光・闇
優秀な属性は水・光・闇の3種類。特に闇のジュルタンは闇のデコイ兼アタッカーとして活躍してくれます。AIの行動パターンになれると相手が自滅するように仕組めるため、なれると凶悪な強さです。

目次へ戻る

バイキング

使える属性-なし

過去は火のヴァイキングの強化効果解除に注目された時期がありました。現在でも弱くはないのですが、星5・6まで育てて使うレベルのモンスターではなく上位互換に当たるモンスターが多いことが難点。

闇のヴァイキングもスキル上げのやりやすい蘇生モンスターですが、それ以外の能力が並です。特別弱くはありませんが、すごく強い!とは言えないレベルのモンスターです。

【調合】

水-ジョーカー
風-忍者
光-ホルス

目次へ戻る

アマゾン

使える属性-光

ステータスの厳選がしやすく、高火力が狙える種族です。
序盤、育成が辛い環境での育成はおすすめしませんが、カイロスダンジョンの攻略でドラゴン10階や巨人ダンジョン10階では優秀なアタッカーとして活躍します。

目次へ戻る

マーシャルキャット

使える属性-なし

安定した活躍が難しく、スタンやゲージダウンが狙えるものの効果の発動率の低さが悔やまれます。
しっかりと育成したプレイヤーは少ないため、新たな使いみちが発掘される可能性はあります。

目次へ戻る

放浪騎士

使える属性-光

味方のダメージ軽減ができる点が優秀。スキル1が体力比例の火力が出せるのも評価として大きいです。加えて光属性のため、デコイの性能を更に強化し、安定した勝利に貢献してくれます。

【調合】

水-サキュバス
風-ヴァンパイア

目次へ戻る

マジックアーチャー

使える属性-風・光・闇

星4モンスターに当たる光・闇のマジックアーチャーは強力です。高火力を短い攻撃モーションで叩き出すため、多くの場面で活躍します。特に闇マジックアーチャーはレイド・巨人・アリーナそれぞれで大活躍のモンスターです。

他に、星3モンスターの

目次へ戻る

バウンティハンター

使える属性-火・水・闇

火属性のバウンティハンターは防御力とクリティカル率両方をサポートできるため、コッパーやフランケンシリーズといった相方にも恵まれています。手持ちが潤うまでの間アリーナのサポーターとして便利です。

水属性のバウンティーは自分も殴れる代わりにデバフをなくしたバナードのような性能。攻撃速度も111のバナードに対して110と非常に優秀。加えて使用率が低いため、ワールドアリーナでのゲージアップ要因としては極めて優秀の隠れた名モンスターです
※コメントをいただきました名無し様。貴重な情報をありがとうございます!

一方闇属性のバウンティは、弱化効果解除が短いターンで打て、攻撃強化がつくのでコナミヤを入れないパーティでの弱化解除用に便利。更に攻撃の手数が多く死ダンでのヴェールをはぐのにも有効。問題点として火力に降ると弱化解除用として倒されやすく、逆に弱化解除に充填を置くと火力が出ないと、役割をz絞る必要が出てくる。

目次へ戻る

インプチャンピオン

使える属性-水

水属性のインプチャンピオンは体力比例のスキル2、防御無視が一定確率で発動するスキル3と巨人・死ダンのボスに対して有効。打たれ弱さの問題点があるため、パーティは高火力で駆け抜けるか、しっかり守ってあげる必要がある。そのため、一定レベルのルーンが集まるまでは積極的に育てるモンスターではないものの、ある程度手持ちのモンスターやルーンが潤ってきたら積極的に育成する候補になる。

目次へ戻る

ミスティックウィッチ

使える属性-水

バフモンスターとしては最高クラスの攻守とさらに攻撃ゲージアップと非の打ち所が無い。他の属性のミスティックウィッチは現在のところは活躍を聞かない。

水が目立って優秀です。
水ミスティックウィッチ・メイガンの評価はコチラ

目次へ戻る

グリムリッパー

使える属性-水・闇・光(火)

水・闇はタワーでの持続ダメージ兼足止め役として極めて優秀。タワーに登りたいなと思ったら育成を開始したいところ。闇・水どちらが優れているかは難しく、攻撃するときの属性的に安定するのは闇だが、水の単体足止めも優秀なため引き分け。

光・火に関しては相当優秀なルーンを付ける場合に限って育成面で優秀。ワンパンマンとして敵を高速で処理をしていき一気に駆け抜けることが可能。また、光のグリムリッパーに関しては、スタン、防御弱化と一件アリーナでも活躍しそうなスキルを持っていますが、攻撃速度が遅く、活躍してもらうには相当いいルーンを付ける必要があり、使いづらい。

目次へ戻る

リビングアーマー

使える属性-風・闇

風のリビングアーマーは大人気のモンスターコッパーのことです。防御力の数値が相手の防御力の倍を超えていれば防御無視の攻撃が放てます。並のモンスターでは耐えることができないため早めに処理する必要があります。

闇のリビングアーマーはヒーローダンジョンを始め、相手が強化効果を多用する敵の場合有効。また試練のタワーをオートで登る際一定階層までかなり貢献してくれる。

目次へ戻る

ドランクンマスター

使える属性-なし

残念ながら使っている人が少ないです。光のドランクンマスターはクリティカル被弾率ダウンが使え、珍しいバフなので活躍の場面が出てくる可能性はある。念のため光・闇を1体残しほかは現状餌で問題ないです。

目次へ戻る

ミノタウロス

使える属性-なし

タワーで登場するグロタウは強いですが、プレイヤーが育成するとああは行きません。光のミノタウロスは、1体の行動を拘束するのに有効ですが、似た役割が持てる光のゴーレムのほうがデコイとしての安定感が高く序盤での育成はおすすめしません。

目次へ戻る

リザードマン

使える属性-風

攻撃を受けたら挑発を行い、スキル1で防御弱化と持続を、スキル2で持続があるだけ大ダメージと面白いスキル構成。問題点としてはスキル倍率の低さ。

火力が控え目の分、持続ダメージや防御弱かで補うことができる。余っている防御%をつけるぐらいの運用である程度の活躍をしてくれる。

目次へ戻る

道士

使える属性-水・風・闇・光

それぞれ役割が違うが強力。
水ーアタッカー兼デバッファー。高火力のスキル3と足止めに優れたスキル2からタワーの足止めからワールドアリーナまで高い汎用性を誇る。そしてイケメン。

風ータワーやヒーローのような強敵の足止めに。スタンではなく、ゲージダウンのため、ボス階でも安定して活躍します。そしてイケメン。

闇ータワーやヒーローのモンスターでこちらはスタンによる足止めが得意。荒波だけではスタン率は低いものの、速度低下状態をスタンにする能力はピカイチ。他にも自分に攻撃速度アップが着くくせの強いスキル3はうまく行動順を調整できるプレイヤーにとっては強力なスキルです。そしてイケメン。

光ー説明必要ですか?と言いたくなるほど強い。味方が倒されかけたとき、自身の僅かな体力を消費するだけで倒されなかったことにする。見た目もスキルもイケメンすぎるお人。

目次へ戻る

ペンギンナイト

使える属性-風

とにかく優秀なスキル3が強力。再使用ターンの短縮と速度増加、加えてパーティの弱化解除1つと痒いところに手が届くラインナップ。
タワー攻略の要になるモンスターで、スキル2の挑発はボスに当てることでパーティを全滅の危険から守ってくれます。

風ペンギンナイトマーブの評価はこちら

レイド用に光や、アタッカーとして水も優秀ではありますが、スキル上げができるタイミングが他の星3とくらべて少なく、優先度は下がってくる。

目次へ戻る

戦大象

使える属性-水・闇

デコイとして優秀な水と、ゲージダウン+防御力アップ+回復と器用な闇それぞれかなり便利です。使い勝手としては闇があればひとまずコチラを優先。逆に闇の戦大象の入手ができていなければ水の育成をおすすめします。

他にレイド用の弱化解除に風属性も有効なため、序盤餌がどうしても不足している時以外は、残しておいても損はしない種族です。

目次へ戻る

カウガール

使える属性-水

『死ダンのために残すかどうか?』が注目のポイントだと思われます。多段攻撃が得意でスキル1が3連撃かつ、速度低下のデバフが狙える優秀な種族です。特に水のカウガールは持続ダメージも狙えるため入手する機会があれば育成して損はありません。

入手方法としてギルドバトルの報酬で召喚のかけらを集める「ギルドポイント800相当で召喚」更に3色のうち1体のため、狙った属性が狙えるかわからないそれらのリスクを背負って召喚する価値があるかと問われると迷いどころ。カウガールの水が推奨されていたのはスキル1に多段ヒットのモンスターが少なかったギルドバトル・死ダン実装直後の情報で現在ではスキル調整により大幅に適正モンスターが増加している。そのため、有効な死ダン対策モンスターだが、水以外が出たときにがっかりする点、他の星3・4モンスターで代用が効く場面が多い現実を覚悟した上で育てる必要がある。

目次へ戻る

突撃サメ

使える属性-なし

種族的に餌と認識されやすいモンスター。それぞれパッシブもスキルも組み合わせ的にはよく、クリダメを高めたアタッカーとしての運用が期待できそうに見えるが、攻撃力自体が低く、スキルの倍率やパッシブの効果が活かせない。今後修正や星3縛りなど特殊なことが無い限りは餌候補です。

目次へ戻る

武人

使える属性-なし

コチラもあと一歩で使えるモンスター。種族的に防御よりにステータスが振られていますが、体力が低めで決して耐久型ではない。スキル1でスタンが狙える利点はあるものの、発動率が低く安定した活躍とはいかない。デコイとしてもアタッカーとしてもデバッファーとしても、もっと使いやすいモンスターが多い、と酷評されるのが現状です。序盤は育成のため消えてもらいましょう。

目次へ戻る

ミイラ

使える属性-なし

種族は持続ダメージが得意なモンスターですが、有効な場面が少なく、唯一水ミイラがタワーや序盤のカイロスのボスに持続ダメージを与える役割を持つことができます。スキル上げもしづらく弱化効果の発動率が低いため、序盤は餌候補でも問題ありません。

目次へ戻る

フランケン

使える属性-火・水・光

火ーコッパーに似た一撃必殺のスキル3が魅力。ルーンの厳選が大変ですが、アキーラ調査団の調査結果でも増加傾向が見える。
コッパー同様防御無視で、デメリットがスタン。スキル上げの難点を無視すれば非常にオススメの1体。
水ーデコイとして優秀。防御弱化に対して免疫があり、挑発スキルが3ターンに1回打てるため、防御に特化して育成し易い。
弱点として、爆弾や防御無視には脆く過信は禁物。
光ー条件を整えるのが面倒ですが、上手くハマると攻撃回数が面白いことになります。火のフランケンとは違って防御無視が無いため、パーティのサポートが重要です。

目次へ戻る

エルフレンジャー

使える属性-火・闇

種族的に攻撃の手数が多く死ダンのヴェール剥ぎに優秀。現状では闇>火の順番で活躍します。闇が星4で入手難易度が高いですが、仲間が攻撃を受けると反撃とかなり優秀なパッシブを持っています。

育成の優先度は中盤以降に重要になってきますが、巨人10が安定するまでは保留しても問題ありません。餌にはせずにしっかりと残しておきましょう。

目次へ戻る

ハッグ

使える属性-火・風・光・闇

スキル1で味方1体のゲージアップと面白いスキルを持っており、スキル2はうさぎ跳びもツル草もそれぞれ優秀。そのためスキル上げの順番に悩む種族です。特に星4の風、光と闇からしか排出されない光・闇の3属性は入手難易度が高いため、運良く入手できた場合は絶対に餌にはしないでください。特に闇ハッグは、星3ですがルーンが揃ってオートプレイができる環境になってくると回復役として有能です。

育成の優先度は、

  • レイドの弱化回復用の風
  • ヒーローや試練のオート用に闇
  • ギルバトやアリーナの戦略用に光
  • 水属性に対するデコイ役として火

それぞれ欲しい役割の属性を優先してください。その際、必ず1つの属性に対して1体ずつ残してあげてください。

目次へ戻る

星4モンスターリスト

星4モンスターは基本1色1体は確保するほうがよく、スキル調整などで化け一気に活躍の場が広がることがあります。
スキル上げは、ヒーローや調合で行うこともできます。どちらも手持ちによっては厳しい場合もあるため、労力やスタミナと相談してください、

目次へ戻る

九尾狐

使える属性-水・光
【調合あり・ヒーローあり】

水九尾は強化効果を解除するスキル3が特に有効。そのため対クロエ用として、アリーナや、育成の引率として火山でも活躍の場があります。
コンテンツが増え、相対的に活躍の場が減りましたが、それでも使いやすいモンスターの1体です。

目次へ戻る

ウンディーネ

使える属性-風・光
【調合あり・ヒーローあり】

免疫だけでなく、弱化解除やスキル延長と小回りがきく。レイドバトルやアリーナで活躍の場面がある。スキルレベルをあげることで再使用ターンが短くなり、更に頼りになる存在へと成長します。

他の属性では蘇生や体力調整ができるなど攻守ともに面白いスキルが多いが、ステータスのバランスが極端で、蘇生+足止めが使える水属性が打たれ弱かったり蘇生以外のスキルが使いづらい闇など、1軍として活躍を続けるのに難点がある。

目次へ戻る

シルフ

使える属性-火・水・闇
【調合あり・ヒーローあり】

火・闇は主にタワーで活躍します。足止めスキルとして乱気流が強力で、軽く見られガチですがタワーのボス階では攻略のキーになるスキルのためスキル上げはしっかりスキル2・3ともにしっかりあげることを推奨します。

水のシルフはアリーナの速度リーダーとしてで強力。更に全体足止めとスキル1が連撃になる可能性があります。スキルレベルをあげずに運用するとスキルの再使用時間が長いため長期戦に使いづらいです。星4・5で更に使い勝手の良いモンスターもいる点と、活躍が期待されるアリーナも免疫に脆いなど弱点もあり使用率は減少傾向になっています。

目次へ戻る

シルフィード

使える属性-火・風・水・光・闇
【ヒーローあり】

序盤に入手できるとそれぞれ便利な役割を持てます。
火ー味方のゲージサポート兼相手のゲージダウンと有能なスキルを持っている。体力の低さが問題で2ターンに1回全体攻撃ができるため絶望ルーンでスタンをばらまくのも得意。

水-スキル延長と体力回復ができ、ステータスのバランスも恵まれており、かなり耐久力がたかい。時間がかかるが、ルーンをしっかり固めると単独でドラゴン10Fを回ることもできる。ペルナ・デオマルス・プサマテなどのパッシブが強力なモンスターも封殺することもできる。

風-ステータスのバランスは悪い。その代わり味方全体にシールドとクリティカル被弾率軽減が使え、巨人ダンジョン10Fの攻略時に手元に入るととても頼りになる存在。

光-再使用ターンの延長、味方の体力回復+防御力アップとアリーナやヒーローで活躍が期待できる組み合わせ。ペルナやデオマルス、プサマテと困る純5を処理するのが得意なのは魅力。体力も高く相当耐えてくれます。再使用ターンも3ターンと短いのが魅力。

闇-安定した固定ダメージと言う必殺技と短いターンで使える回復技・持続ダメージ技とそれぞれが攻撃に振らなくていいがアタッカーとしての動きができるのが魅力。相手の体力を奪うスキルの関係から、光相手のデコイをこなしつつ、疑似アタッカーになれるのは強力。

目次へ戻る

サキュバス

使える属性-光・闇
【調合あり・ヒーローあり】

スキル1の高確率睡眠&自身のゲージアップ・スキル3に全体攻撃+デバフと、種族として優秀なスキルが多い。強力な効果の分、苦手属性に攻撃する際発生するミスは痛い。その為苦手属性の無い光と闇が優秀。

目次へ戻る

ジョーカー

使える属性-風・闇
【調合あり】

風-防御無視のスキル3が特に優秀。アリーナの防衛で対策の基準とされるモンスター。最近特に重要な意志ルーンによる免疫を台無しにできるのも大きい。巨人の高速周回にも名前が上がる。

闇-爆弾設置+パッシブによるカウンターが強力。人気モンスターのヴェラモスがいると爆弾の運用が厳しく、セアラのような起爆サポートが必須となる。

目次へ戻る

忍者

使える属性-風
【調合あり】

風-風属性の攻撃速度を30%増加させるため、アリーナでの速度リーダーとして優秀。特にゲージアップが使えるバナードのサポートができるのは大きい。持続ダメージの数だけでなく、純粋な火力も高い。スキル2も高火力が期待でき、巨人ダンジョンの攻略に大きく貢献してくれます。

 

目次へ戻る

ピエレット

使える属性-火・水・風・闇
優先度ー活躍の場で大きく変わるため使いたい場面を見て選んでください。
【ヒーローあり】

種族としてはスキル3が体力最大時に最大の効果を発揮します。
50%で強化解除と若干ギャンブル染みたところがありますが、効果はかなり強力。

属性事に活躍の場が違うがそれぞれ一級品の素質があります。

火-火属性には若干少なめの全体アタッカーとして活躍してくれます。体力も高めです。体力最大時にはスキル3がクリティカル率100%となるため、クリ率を捨て、クリダメに特化するルーン構成で、大ダメージを与える活躍が期待できる。

水-ドラゴン10F候補。ランダムヒットのスキル3が、体力最大時6ヒットになる。そのため、クリスタルの処理が早く道中の事故を極限まで減らしてくれる。加えてスキル1でボスの免疫にもある程度対抗できるのが魅力。

風-アリーナやギルドバトルの切り込み隊長として活躍してくれます。特にスキル3は、多段ヒットと防御弱化が同時に働くため、爆発力が高い。ゲージダウンは速度勝負が必要になるため、決まればラッキーぐらいの認識でいたい。

闇-体力比例が加わるスキル3が魅力。カイロスダンジョンのアタッカーとして使いやすいスキル。アリーナ・ギルドバトルでも、スキル自体の倍率も高く体力最大時は追加で動けるため討ち漏らしが少ない。

目次へ戻る

ファントムシーフ

使える属性-水

水-強制強打+ゲージダウン+2ターンの防御弱化とガレオンと双璧をなすデバッファー。以前は強制強打がなかったため、風属性の相手に使いづらい弱点がありましたが、アップデートでこちらが改善され、アリーナでも使っていきやすい。スキル1にスタン、スキル2に速度ダウンとガレオンとは細かな使い勝手が変わるが、攻撃強化が使えるガレオンが優先されることが多い。メイガンや銀屏を筆頭に、攻撃強化が使える仲間と行動する場合リエールが選ばれる場合も発生する。

目次へ戻る

ヴァンパイア

使える属性-火
【調合あり・ヒーローあり】

火-某漫画では主人公の愛用モンスター。強さの真価を発揮するのは覚醒し、クリティカル率を確保してから。ダンジョンでの速度リーダーを担当し、ゲージアップで行動サポートをしてくれます。意外に攻撃力も高く、アタッカーとして育成しても活躍の場が広い。欠点となるのはもとの速度が若干遅めのため、アリーナでのゲージサポートには向かない。また、AIの関係でスキル2を最大までスキル上げすると1ターンで再使用ターンが消化されてしまうのでヒット数の関係でこちらを使われると困る場合がある。アタッカーとして・速度サポートとして、暴走と迅速などルーン討論も盛んなモンスターです。

 

目次へ戻る

エピキオン司祭

使える属性-火・水・光

火-アリーナTier1候補の一人。もとの攻撃速度が111と高く、1ターン無敵の狂信を使うことで相手の行動を1ターン空振りさせることが狙える。味方が鈍足アタッカーでも相手に強化効果解除がない限り行動が保証されているのが大きい。加えて体力・防御力も申し分ないステータスとなっており、回復量には不満が残るものの、デコイとしても活躍してくれます。

水-パッシブのマナシールドが凶悪。初心者狩りに使われるモンスターの1人ですが、その強さは上級者の戦いでも姿を見せるレベル。具体的にはセアラやラグロマン、レオに風燕(風パンダ)と風の単体アタッカー相手にデコイとしての役割をしっかりこなしてくれます。自身への攻撃に対する硬さは水アークのアイリエルや雨師を超えるレベルの硬さを誇る。最強の水デコイです。問題点はデコイ以外の役割が持てず、回復役としては二流。味方へ攻撃が流れる相手の場合もう1枚回復役を積むことも検討が必要です。

光-最高クラスの蘇生役。自身のステータスの高さもあって、事故死が発生する確率の高いヒーローダンジョンが主戦場。蘇生してもすぐ倒される! ということが無く、同じく蘇生役のエラドリエルと違って、デコイ戦法が使いやすい光属性・自身の体力を減らさない・防御強化と他の蘇生役より一歩前にいる存在。

目次へ戻る

守護羅刹

使える属性-火・風・(光)
【ヒーローあり】

火-凶悪なゲージダウンはとてつもなく優秀。レイド・ドラゴンはもちろん、火属性ながら水属性の巨人10Fでも活躍する。カイロスの曜日ダンジョンは免疫が無ければ無双が可能。カイロスまでのゲームの難易度が変わるレベルで優秀です。

風-こちらは死ダンに特化した能力。単体相手に持続ダメージを与えるのが得意で、暴走内蔵で手数が優秀。速度低下はリッチキングに安定的にダメージを与えるためにかなり貢献してくれます。

光-こちらは火・風とくらべて1歩劣った場所にいます。弱化効果を延長する効果はとてつもなく強力で、レイドバトルでも有効なため型がハマると相手が全く動けなくなることも珍しくありません。評価が下がる理由としては、レイドバトルの場合は自身の画面にだけ有効で味方へのサポートになりません。魔界ダンジョンでは、グロッキー状態でしか有効ではなく、アリーナ・ギルドバトルが主な活躍の場面になります。

最近では火のカンフーガールが似た役割を持つため優先度が下がります。

目次へ戻る

デスナイト

使える属性-風・闇
【ヒーローあり】

風-体力調整を行える蘇生役。倒されにくく、デコイ件蘇生役と異常な役割をきっちりこなしてくれます。味方全体が大ダメージを受け、ピンチな状態になると蘇生スキルが使いにくくなるため、いつでも使える! とは行きません。全体攻撃で削ってくる相手には有効ではないため注意が必要です。

闇-レイドバトルの前衛兼抵抗リーダーとして活躍します。パッシブ効果もあり耐久力が高い点は大きいです。軽く見られがちですが、スキル1の回復妨害はカドゥルー戦では重要なデバフの一つ。その為、スキルレベルはしっかり上げておきたいモンスターです。

目次へ戻る

リッチ

使える属性-風・水・闇
【ヒーローあり】

風・水・闇のスキル1は多段ヒット+速度低下。スキル2は防御弱化+対象が速度低下状態の場合足止めに変わる。主に死ダンの安定化に貢献してくれます。それぞれの違いはパッシブスキルによるものが大きいです。

風-デコイとして優秀。シールドを張るため見た目以上に硬い。加えてシールドに攻撃を受けると速度低下を相手に与えるため、ただ攻撃を受けるだけにとどまらない優秀なモンスター。自身のスキル2とも相性がいい

水-風と違って倒されやすい。死ダンでは、敵側に奪われたとき、倒しやすいがメリットになるため、風よりも適してるといえます。

闇-パッシブが特殊で火力の増加率は高い。敵味方問わず、倒されたモンスターがいると火力が上がるため終盤戦は凶悪な火力を誇ります。被弾ダメージ減少があるため倒されづらいが、回復量が下がるためゲージ操作のできる銀屏と組むと活躍しやすい。

目次へ戻る

サムライ

使える属性-光・闇
【ヒーローあり】

火・水・風の3色サムライはスキル3の火力や攻撃範囲に不満が残る。打たれ弱くアタッカーに特化したステータスのため、火力不足は大きな欠点となる。更に覚醒後に打てる「超天狼抜刀術」は発動率が安定せず確実性が欲しいアリーナでは期待できない。

一方光・闇の2種類は弱化効果中の相手に25%の威力アップがあるため、ガレオン後の全体火力としていい仕事をしてくれます。見た目やスキル倍率が似ているため弱く見られがちですが、210×2と(220×2)×1.25では大きな差が出てくるため、別次元のスキルと認識したほうが良さそうです。

3色サムライは餌?→現状修正待ちでいいと思っています。ヒーローダンジョンもありスキル上げもできますが、スキルレベルマックスまでの必要数が多く、『育成する労力に見合わず結局倉庫番』が現在の評価です。

目次へ戻る

カンフーガール

使える属性-火・水・光・闇
優先度の高い色ー闇・水
【調合あり・ヒーローあり】

スキル1~2で連撃が発動する可能性があり、防御弱化・ゲージダウンなどそれぞれ有効な弱化効果がある。スキル3のクールタイム中は、一定確率でカウンターが発動するため行動回数が多いのも魅力の一つ

火ー敵の弱化効果の延長(爆弾は短縮)が魅力。体力が高くレイドバトルへ連れて行きやすいのも魅力の一つ。

水-何故か名前争いでネコ娘に名前を譲った経歴がある。スキル3は弱化効果の数が多い分だけダメージアップ。叩き出されるダメージの高さからレイドで人気モンスターの一人。火のホンファと違って打たれ弱い点に注意が必要。密かに攻撃倍率がホンファより低く、弱化効果が乗っていなければ火力はむしろ劣る点に注意

光-攻撃ゲージの吸収がスキル3で狙えるためファーに似た役割を持つことができる。苦手属性の存在しないアタッカーとして相手を選ばず戦っていける。

闇-スキル3の攻撃倍率は350%と防御無視が発動する可能性のあるスキルとしてはかなり凶悪な数字。決まると相手は死ぬ。そんなレベルのモンスターになるため、いいルーンをしっかり育ててやりたい。

目次へ戻る

マジカルブラウニー

使える属性-火・水・風・光・闇
優先度の高い色ー水
【ヒーローあり】

スキル1が30%で暴走内蔵。その為スキル2・3の再使用ターンが早く回ってくるのがポイントです。

火-スキル3がゲージ30%アップ+免疫2ターン。こちらはヒーローダンジョンの免疫などに貢献してくれます。アリーナやギルドバトルで見た場合は免疫役以外の役目を持てないため、物足りない感じが残る。

水-スキル3が3ターンに1回打てるのは魅力。ゲージアップが30%も大きいが、強化解除1つと防御弱化は決まると戦況を大きく動かす。火のブラウニーと比べると再使用ターンが1ターン短いのも大きい。アリーナでも相手の強化解除が1体ながら可能なため単体火力のデオマルスなどと組むと効果範囲の狭さもあまり気になりません。
加えてスキル1の追加ターンの関係もあって、うまく動くとガンガン状態異常をかけて回ることができます。

風-味方の攻撃力とクリティカル率をアップさせるバフが使いやすいです。スキルは☆2のジークと同じサポートですが、スキル1の特性上暴走ルーンじゃなくても、バフを掛けた状態を維持しやすくなります。加えて強化解除が強力。風属性で強化解除が得意なのは星5にティアナがいますが、そこを除くとアリーナで解除役として活躍することもできます。
問題点はステータス。サポート向けのモンスターですが、ステータスが攻撃タイプになっており実際のタイプと大きく差が出ます。

光-条件付きで強化解除が使えるパッシブが魅力。意志ルーンに対しては強気に攻めることができるが、クロエの「狂信」や水仙人の「不死の幹」に対してはいまいち物足りない。

闇-動かなければどうということはない。そんな行動不能戦術を実践できるモンスター。スキル2にサポート用の攻撃力とクリティカル率をアップ。スキル3が相手の「弱化効果を解除」→解除した数だけ睡眠なのでうまくパーティを組むと相手を寝かしつけたまま単体処理で勝負を終わらせることも可能。全体攻撃がメインの魔剣士と組むと酷いことになるので専用にしっかりパーティを組む必要があります。

目次へ戻る

コボルト爆弾狂

使える属性-全色
優先度の高い色・水
【ヒーローあり】
火・闇ー死ダンや闇の魔獣などでの活躍が期待できます。
主に火コボルトが死ダンで使いやすく、闇はヒーローダンジョンなどで使いやすくなっています。

水・風・光ー活躍の場は主にアリーナやギルドバトル。ダメージを与えないデバッファーのため、属性はあまり影響しない。能力を安定して発揮するには、起爆役として星5だがセアラが欲しい。セアラがいない場合火のカンフーガールか火の海賊でも可能ですが、ヴェラモスに完封される危険性があります。

爆弾の威力は攻撃比例で水・風・光のスキルの倍率は変わらず410%加えて属性は影響しないため、単純な威力では水のコボルトが強力となる。

目次へ戻る

天舞姫

使える属性-火・水・風
優先度の高い色ー風

光・闇が星5モンスターでヒーローダンジョンが登場しなかったモンスター。
色によって大きく性格が変わるモンスター

火-連続攻撃と攻撃力比例の回復役が魅力。回復+攻撃強化を同時に行うAIのため、風の魔獣での使いやすさが魅力。死のダンジョンの回復役としても一時期顔を覗かせたことがある。

水-強化効果延長の効果は魅力的。風のエピキオン司祭が同じ効果のスキルを持つものの回復量に大きな差が出る。

風-2種類の回復スキルを持ち、高い耐久力を誇ります。スキル3の落花流水は回復妨害がついていても体力を調整できるため、安定した回復役として優秀です。

目次へ戻る

バーバリアンキング

使える属性-光・闇
【ヒーローダンジョンあり】

スキル1は平均的な能力でスキルの倍率は低め。ステータスは、アタッカーとしては攻撃力が若干低めでスキル3の火力が高い。

光-スキル2・スキル3ともにスキルの倍率が高く、烙印+ゲージアップのスキル2、ゲージダウン+スタンのスキル3と倍率だけではなくそれ以外のデバフが優秀。一部のボスに対してはスタンの無効や持続ダメージの無効があるため。相手を選ぶ必要があります。

闇-25%で暴走するスキル3が面白く安定した火力というよりもギャンブル好きにもってこいの能力。攻撃力やスキル倍率自体はあまり高くないため、完全にご乱心一発芸人ですが、仕事をするおきは異常に動いてくれます。

目次へ戻る

海賊船長

使える属性-水・闇
【ヒーローダンジョンあり】

スキル1は攻撃倍率も低く防御弱化も1ターンと貧弱。その為スキル1だけはどうしても、強いとはいえないレベルのモンスター。スキル2・3が魅力的な種族です。

水-味方の攻撃力をアップ+相手の防御弱化と最高級のサポートを行ってくれます。更に、防御弱化はダメージを与えないデバフなので、相手の属性が風でも問題ないところが魅力的。スキル2はゲージ吸収があり、ドラゴン・巨人では地味に役立つ。2ターンに1回打てるため、2発目以降の略奪タイムを飛ばすのにも有効。

闇-こちらはゲージアップ+再使用ターン1ターン短縮と面白いスキルを持っている。再使用ターンが4ターンと長めだが、攻撃速度108から繰り出される味方のゲージ50%アップは割り込みを入れづらい。スキル2はスキルレベルを上げると抵抗されない限りスタンと強力。スキル倍率も300*3と十分実用的。水の船長とは違ってアリーナやギルドバトルに特化した能力です。

目次へ戻る

マーメイド

使える属性-(火・水・風)光・闇
優先度の高い色-闇>光>火=風>水
【ヒーローダンジョンあり】

種族としてサポートに特化しているがその能力は様々。活躍の場所が大きく違い評価のしづらいモンスター。

火-火属性には珍しい蘇生枠。回復スキルで緊急時蘇生が可能だが、再使用ターンが伸びるタイプ。スキル3はスタン+再使用ターン増加+高倍率と夢が広がるスキルだが、攻撃力を伸ばすわけではないためどうしても火力としては腐りがち。

水-先手をとっての強制睡眠は凶悪ですが、先手をとっても免疫がついているとしょんぼりする結果になる。体力が高くシールドとの相性もいいが、肝心の体力は一切回復しない問題がある。攻撃速度も95と若干遅めのため若干使いづらい。

風-スキル調整でスキル3が単体に対して強力となった。後攻めでも能力が発揮できるため、対デオマルス・対プサマテ・だけでなく、弱化が通りやすい水のモンスター相手には強気に攻めることができる。
再使用ターンも短く、以前にヒーローで登場したときとは全く別の性能のモンスターとして見て問題ない。

光-現在のアリーナの環境は爆弾以外はクリダメでのアタッカーが多い。その為ミス率増加は効果が高い。加えてシールドが使えるだけでなく、体力回復のパッシブまであるため、恐ろしく硬い。ただし、回復役としてはイマイチ頼りない。

闇-こちらはスキルでクリティカル被弾率を下げれる能力+全体回復+免疫と非常に優秀なサポート能力。特に免疫が凶悪で5ターンと再使用ターンは長めですが、アリーナではその間に勝負が決まることも多いです。逆に敵として見かけた場合は強化解除役が欲しい。

目次へ戻る

魔剣士

使える属性-火・水・風・光
【ヒーローダンジョンあり】
優先度の高い色ー光

要研究のヘビーアタッカー。スキル1が全体攻撃は水ホムンクルスを除くと珍しい種族。全体的に攻撃速度が遅く、攻撃が軽い。その弱点とどう向き合うかが重要です。

火-登場時は火力を高めるパッシブに対して、倍率の低い連続攻撃と単体のスキル2とどこに連れていけばいいのか迷うモンスターだったが、スキル2が3ヒットに調整され見事死ダンのエースの座を獲得しました。

アリーナでもクロエの「狂信」やラカンの「崩壊」など凶悪なスキルを封じ込めるのに活躍してくれます。

水-アチーブメントでもらえるものの、性能はかなり高い。スキル2が防御弱化に変わったことで単体に対しても火力が出せるようになった。ただし、スキル倍率がそもそも低く特別秀でたモンスターとは言えないため、引率向けの別のモンスターを早めに入手した場合は育成をスルーしても問題ない。また、致命的な所が攻撃速度が低く、アリーナやギルドバトルでそのまま採用できるレベルとは言いづらい。シナリオクリアや序盤にモンスターが揃っていない状態での死ダン攻略と過剰な期待はしないであげましょう。

風-ゲージダウン+体力比例攻撃と、水の曜日ダンジョンにトップ合格の能力。巨人10Fでも活躍が見込める体力比例ダメージは猛威を奮っています。
死ダンの場合は攻撃ゲージダウンが発動しないため、巨人ほどではありませんが手数の優秀さからアタッカー候補の一人として運用できます。

光-味方の体力ゲージが低いモンスターを15%回復するパッシブ。これだけでもなかなか強力ですが、パッシブスキルのレベル上げが可能です。対象の強化効果を解除できるため、ドラゴン10の免疫や巨人10の攻撃強化を剥ぐことができ、カイロスの安定化に大きく貢献してくれるようになりました。

闇-修正が来た現在、一番評価が難しいモンスター。攻撃向けのステータスではなく、正直なところ火力はあまり発揮しない。加えて、高倍率のスキル3は単体・単発攻撃のため、死ダンでの活躍にも問題が残る結果になった。
水の曜日ダンジョンのエースであったり、速度リーダーで防御力が高いため、レイドの前衛に持ってくることも可能だが、貴重な枠を消化して使う程とは現状言いづらい。

目次へ戻る

暗殺者

使える属性-水・闇
【ヒーローダンジョンあり】
スキル1に防御弱化があり2ターンの防御弱化が狙える点は非常に強力な種族。火や風も十分強力な種族ですが、特別特化して強力な水の評価が高いです。

水-スキル2で烙印とダメージをサポートする2種類のデバフを一人でこなせる。攻撃速度が重要ですが、スキル3のゲージダウン+乱打も強烈なダメージを叩き出せるため、異界ダンジョンのスコア稼ぎやレイドバトルの烙印係として重要な役割を担当できます。

光-再使用ターンのあるスキルを封印が狙える。スキル1・2で防御弱化・烙印のチャンスを作り、自ら切り込んでいくスタイルで手堅い活躍をしてくれます。スキル封印はトドメを指して使うか、相手の強力なモンスターを黙らせるのに使うかその場での判断が重要になります。

闇-烙印を捨てる代わりに自身の攻撃力・クリ率アップ+高倍率で再使用ターンが特殊なスキル3を使える。通常はクールタイムが眺めのため、積極的に頭数を減らす戦い方が必要になる。
スキル2の自己強化は即時ターン獲得のため、強化したけど自分のターンが回ってこなかった……というサポートスキルあるあるが無く、着実に効果を発揮してくれます。

目次へ戻る

ネオストーンファイター

使える属性-火・光・闇
【ヒーローダンジョンあり】

スキル1で自己強化、が使えるため、攻撃サポートが無くても活躍してくれるのが魅力。

火-体力が減るほど火力と耐久力が上がる素敵なパッシブがあり、見た目のステータスに対して異常に硬い。体力が低めだが防御力が高めのため案外攻撃にも耐え、敵にいる場合舐めてかかると痛い目に合う。パッシブの特性上高火力の一撃で焼かれると他のモンスター同様あっさり倒されることがあり、防御無視の爆弾には警戒が必要です。

光-高火力だけでなく、与えたダメージの半分がシールドになるパッシブのお陰でかなり硬い。逆にシールドを貼る前に殴られるのは危険。光属性のため、火・水・風相手にはデコイ戦術を用いて戦うと安全地帯から着実に頭数を減らすことができます。

闇-相手への防御弱かは使えないものの、自己強化は攻撃力とクリ率が可能。加えてスキル3が3ターンと高火力なのにクールタイムが短く、防御弱化さえ決まっていればクロエの狂信の上から相手を叩き落とすことが可能な危険な子。

目次へ戻る

ネオストーンエージェント

使える属性-火・水・風
【ヒーローダンジョンあり】
優先度の高い属性ー火

スキル1・2ともにサポート向けのスキルで平均的。闇は星5なので考察からは除外されるもののいわゆる「ブッ壊れ」枠で問題ない評価。闇以外も強烈なので当たりの種族と言えます。

火-レイドバトルにおける弱化解除役のエース。再使用ターン4ターンで味方2体と同時攻撃。これだけで十分強烈ですが、味方への弱化解除をすべて解除するという強烈すぎるスキル。スキル1・2は平均的で活躍の場面が偏る反面スキル3が強すぎるのでコチラの評価がそのままモンスターの評価につながっている。体力が11535と高い代わりに防御力は494と低く、レイドの前衛に置く場合は防御力をしっかり強化しないと追加ダメージがかなり痛い。

水-高い回復力と超過分の回復量を半分にした値をシールド、更には防御力アップ2ターンとしかなり使える。登場時はクールタイムが短く下方修正されてしまった過去を持つ。「回復役によくある、回復を使うにも味方が全快だからすることがない…」という欠点をシールドでカバーできるのは大きい。加えてスキル1でミスが狙えるため味方の生存に全力を尽くす回復権サポート役です。

風-ヒーローダンジョンで登場しましたが、登場した当初多くのプレヤーが驚き喜んだ。スキル3が2回攻撃+ゲージダウン+3ターンの防御強化と相手の攻撃の被害を大きく軽減し、スキル2が弱化解除+ゲージ最大のため、例えばコッパーやフランケンのような防御を高めていざ攻撃!というタイミングでスタンや凍結などにあった際、何事もなかったかのようにターンを回すことができます。リモーションと同じく短いターンで乱発できるため非常に強烈。

目次へ戻る

アヌビス

使える属性-火・光
【ヒーローダンジョンあり】

スキル1が修正により使いやすくなり、ステータスの無駄がなく、仕事をするようになった。修正前は評価が低かったが現在の評価は急上昇中です。
闇属性は星5のテーバイ。ネタ神→守護神→破壊神へとそれぞれ評価を替えていった化物。

火-体力状況の低い味方にシールド+2ターンに1回使える体力比例ダメージ。純粋にステータスも耐久向けで、デコイとしての役割を果たしながらついでに味方を守ってくれるナイスガイへと成長しました。

光-弱化解除役と烙印役、加えて体力回復阻害と防御弱化とレイドに欲しい要素満載のモンスター。体力は平均的ながら、防御力は平均より高め。防御・体力を伸ばし、レイドの前衛に置いておくだけで優秀です。

目次へ戻る

ホルス

使える属性-火・闇
【調合あり・ヒーローダンジョンあり】

調合で作れるため、価値を低く見られがちですが、水・ヒーローできた風などそれぞれ優秀な種族です。光のホルスは星5のため考察対象外です。

火-クリティカル被弾率ダウン+防御力アップのサポートが可能。スタン+ゲージダウンのスキル3はアリーナで使いやすい。もともとの防御力が高いため、レイドバトルの前衛にも使いやすい。

闇-パッシブが凶悪なため、ターンが来るのが早い。ゲージダウンの効果とパッシブの相性がよく、スキル2が4ターンと長めの再使用ターンですが、十分使いまわすことができます。

目次へ戻る

ジャック・オー・ランタン

使える属性-水
【ヒーローダンジョンあり】

多段のスキル1が魅力でモーションが遅いと言われていたが、修正され、モーションも速くなった。どの色も死ダンに有効な種族

水-パッシブにあいての強化バフを奪う能力を持っており、ドラゴンの免疫を解除できるのが魅力。加えて死ダンで速度低下を狙えるのは便利。スキル2の速度アップ・クリ率アップはタイミングによっては足をひっぱる可能性があるため悩みどころ。詳しくはコチラ

目次へ戻る

サイコロ使い

使える属性-???

実装されて期間が浅いためもうしばらく調査する時間をください。

目次へ戻る

ハープ奏者

使える属性-???

実装されて期間が浅いためもうしばらく調査する時間をください。

目次へ戻る

まとめ

スキル調整などでモンスターの評価が大きく変わることがあるので、その都度修正予定です。
モンスターの評価に関しては『私はこう思っている』程度の認識でいてもらえるとうれしいです。

Twitterやコメントなどで疑問やご指摘などいただけるとよりページの精度が高くなるので良ければコメントいただけるとうれしいです。

目次へ戻る

関連リンク
評価一覧 後悔しない無課金モンスター アキーラ調査団
攻略一覧 最新ニュース 日記

6 comments for “【サマナーズウォー】星2~星4モンスターで活躍する種族の属性リスト

  1. Rout
    12月 27, 2016 at 2:01 am

    素晴らしい考察と労力に感服致します。
    道士贔屓に笑ってしまいました。
    大変だとは思いますが、完成まで応援しています。
    頑張ってください!

    • razanohito
      12月 27, 2016 at 1:39 pm

      Routさん

      ありがとうございます!そう言っていただけると励みになります( ;∀;)

      Routさんのブログもひそかに楽しませていただいておりますb
      完成後も宜しければ意見やこれはどうだろう?と思うことがあれば教えていただけると、その分精度がよくなって嬉しいですb

      頑張って更新していきます(*’ω’*)

  2. 名無し
    1月 5, 2017 at 7:32 am

    水バウンティもドラゴンで使い勝手良くなったと思います!
    高速周回で使ってますが、ドラゴンにはなんだかんだ速度比例持ち入れることが多く、
    速度バフも押し切れる要因となりました。
    その上、ゲージUPもあり、免疫貼られても防御無視でゴリ押しやすく、
    スキル2にはかなり期待できるようになりました。
    安定化段階でも火力でるバナードと考えればとても素晴らしいと思います!

    この長文でお察しかと思いますがかなりお気に入りです。失礼しました!
    バウンティやインプチャンピオンってスキル上げが地味に大変なんですよね・・・。

    • razanohito
      1月 5, 2017 at 12:17 pm

      名無しさん

      コメントありがとうございます! そして、貴重な情報ありがとうございます。 
      ご指摘いただいた内容を確認させていただき、現状バナードと速度もほとんど変わらず、極めて優秀なモンスターへアップデートで強化されていたことを確認し、更新させていただきました。

      非常に重要な情報ありがとうございます!

      スキル上げが大変ですが、この能力であれば未知や月に来る秘密ダンジョンでしっかり集めたいモンスターですね。私も育てますw

  3. アーク
    7月 4, 2017 at 1:50 pm

    アマゾンは光が一躍人気になりましたので追加してもいいかと。
    マジックアーチャーは風が水異界で使えると話題ですね。

    ところで、光ハッグって使いどころあります?
    持っているけどスキル上げして倉庫番になっています。

    • razanohito
      7月 4, 2017 at 3:20 pm

      コメントありがとうございます!
      光アマゾン
      >ですね! 現在検証待ちで今週の土曜日(おそらく無料解除日)で結論を出す予定ですがほぼ間違いなく追加します。

      マジックアーチャー風 
      >異界水では特に化けましたね。こちらはすでに使っているので追加します。

      光ハッグについて
      >私は持っていないのでしっかりしたことが言えませんが、現状難しいみたいですね;
      今のところ修正待ちか、今後アップデートで追加されるダンジョンで化ける可能性はありそうです。

      パッシブで比較するとラキュニのハチドリが優秀なのに対し、ドーバーはパッシブが速度の低いモンスターの速度を引き上げるのが目的になります。
      パッシブとスキルもキレイに噛み合っているとは言いづらいので、現状は倉庫番長だと思っています。

      例えば、レオと組み合わせた時に速度アップがどう働くのか検証できれば面白そうですが、検証環境が無いのでハッキリとは言えません;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。